速耳や速読の効果とは

通常の再生より1.5倍や2倍など、通常再生より速く視聴することを、
一般的に「速耳」と呼びます。

石川遼くんが広告塔になっているスピードラーニングでは
2倍速で再生した英会話を流して、その後に普通の速さの同じ英会話を聴くことで
耳が速い音に慣れて、通常再生の英会話が聞き取りやすくなるという原理を使った教材のようです。

速耳は英会話のリスニングに効果的な理由としては
高速音声を聴くことで、その音声を理解しようとする脳の働きにより
理解力が向上したり、頭の回転が速くなるという実験データがあります。

速耳の英語を聴くことで、耳が慣れるということだけではなく
頭の回転が速くなることで、英会話の理解力アップにも繋がるのでしょう。


速耳の効果はこちらのブログにも記載されていますので、オススメです。音声の録音ソフトはダイレクトキャプチャHDというPCソフトを使うことで、英会話のストリーミングを録音できます。
また、DVDの倍速再生ソフトとして有名なのがスピードプレイヤーです。こちらはスピードリスニングのProfessional版に付属しています。



速読というのは、読書の読むスピードを速くすることで
正しいトレーニングを行うことで、1冊500ページの本を10分で読めるようになります。

速読は、読み方や目で文章を追うトレーニングをすれば
劇的に速くなります。

1分2000文字というのが最初の壁になりますが、理解度が50%だと
速読できても意味がないので、理解度80~90%で速読できるように
正しいトレーニングを積んでみましょう。

速トレというサイトが速読トレーニングに適しているので
こちらを使ってトレーニングしてみましょう。